握手している人達

基礎控除額の変化

電話で話す女性

2015年1月1日から、相続税の基礎控除額が引き下げられました。また税率も細分化され、全体として税率アップになっています。従来、相続税は余程の資産家にしか関係ないと思っていた人も多いようですが、今回の法改正でかなり身近なものになったと言えます。都会でちょっとした一戸建ての家に住んでいれば、相続税の対象になる場合が多いのではないでしょうか。 相続税の計算には複雑な手続きが必要です。土地や家屋の評価額、遺産の分割方法、法定相続人の数など、考慮しなければならない要素が多数あります。自分で計算した結果が間違っていると、最悪の場合は追徴金を課されることもあります。こうしたことを防ぐため、相続税計算をサポートする各種のサービスが存在します。

相続税をおおまかに計算できるサービスは、ネット上でも見つけることができます。資産の種類や内容、相続人の数などを入力すれば、相続税額が試算される仕組みになっています。この結果、遺産が基礎控除額を大きく下回っているなら、ひとまず安心かもしれません。ただし固定資産の評価額は個別に見ないと分からないため、あくまで概算にすぎないことを頭に入れておきましょう。 相続税がかかりそうなら、具体的に細かい計算をする必要があります。相談だけなら多くの税理士事務所でも税務署でも無料で受け付けています。これを参考に自分で計算するのも良いでしょう。税理士に実際の計算を依頼するには料金が必要です。その分確実なので、遺産が多い場合にはお勧めします。