握手している人達

起業をするとき

走るスポーツカー

起業をする場合には二つの方法があります。ひとつめの方法は個人事業主として活動する方法です。個人事業主とはその名の通り、事業の全てを一人で行う方法です。この方法を取る際にも税務上の届出が必要となります。ふたつめの方法は会社設立をする方法です。会社をつくって、その会社の事業として起業するのです。会社設立をすれば税務上のメリットを享受することができます。したがって、会社設立をする人が多くいます。そして、会社設立においては司法書士が商業登記をします。その他の法律職では登記ができないので注意が必要です。また、税務上の処理も発生しますから税理士への連絡も行ってください。会社経営には税務処理が不可欠ですから、今後の経営のためにも顧問税理士を決定してください。

会社設立にはノウハウが必要となります。経験したことがない手続きが続々と必要となります。ですから、会社設立に詳しい人と知り合いになっておくべきです。そうすれば、その人のアドバイスを仰ぐことができます。もちろん、税理士や司法書士も会社設立に関する知識を持っています。また、法律的なルールについては弁護士が聞くことをおすすめします。このように、会社設立にはさまざまな法律が関係してきます。設立者の力だけでも各届出をすませることも可能です。しかし、創業まもない頃は本業に注力したいものです。立ち上げの重要な時期を法的手続きでつぶさないためにも、各士業との協業が不可欠です。そのことを認識したうえで、会社設立手続きを進めるようにしてください。