握手している人達

話し合いを進める

車のサイドミラー

 遺産相続は必要書類取得や手続きが多くて結構めんどうです。しかし、順を追って一つ一つ済ませていくと、混乱することもなくスムーズに進みます。ただ、相続する資産や負債を把握していない場合や、その金額がはっきりしていない場合などには、少々時間がかかることがあります。また遺産協議も円滑に進まないことも多く、いわゆる申告期限である10ヶ月を超えてしまうと控除などの優遇を受けられないこともあります。  相続人の誰かが旗振りとなって手続き等を進められたら良いのですが、葬儀法要なども忙しく、相続に注力できないというのも実状としてはあります。そんなときは代理人を立てるとスムーズにことが運ぶことも多く、たとえば弁護士や税理士などがそれにあたります。

 相続する資産よりも負債のほうが多い場合は相続放棄という手段をとることができます。これは一人だけでもできますし、全員が放棄することも可能です。  あと、資産や負債の量がすぐに把握できなかったり、価値を判断するのに時間がかかりそうな場合は、限定承認という方法を取ることができます。その後計算をしてみて、資産のほうが多いときはそのまま相続できますし、負債が多いときは放棄を選ぶことができます。  相続放棄と限定承認ともに、3ヶ月以内という期限が決められていますので、早めに決断する必要があります。期間内にどうしても決められない場合は、裁判所に相続放棄の期限伸長の申し立てをすることで、その期限を延長することができます。